敬老の日にお菓子を贈る場合のポイント

subpage01

敬老の日にお菓子を贈る場合でも少し気遣いやマナーを守るだけで、受け取る方の印象や気持ちも違ってきます。

同じ贈るなら喜んでもらえる方がいいですし、気遣いをするとさらに嬉しい贈り物になります。

敬老の日の情報を確認できるサイトです。

堅苦しいルールなどはないですが、義理の両親へ贈るときや久々に贈るとには少し気が利いた贈り方をするのがいいです。

敬老の日でお菓子を選ぶときは賞味期限と量を確認し、なるべく日持ちがするものを選びます。
賞味期限が長いお菓子だと遠方に住んでいる方へ贈るときや、届けるのに時間がかかっても受け取る方は安心してゆっくり食べられます。

お菓子の量も大事で、家族揃ってみんなで食べるなら色々な味が楽しめるせんべいやバウムクーヘンなどの大きいお菓子でも良く、一人暮らしのおじいちゃんや夫婦だけで住んでいるなら小さい和菓子の詰め合わせ、どらやきなど食べきれるサイズの方がいいです。


新婚の夫婦や成人を迎えた孫から贈るなら熨斗を付けるのがおすすめで、お菓子の入った箱へ熨斗を付けるだけでそのままよりも丁寧な印象になります。



特別な年の敬老の日なので少しの気配りがあれば祖父母もきっと喜んでもらえます。



ギフトにはメッセージを添えて感謝の気持ちを伝えるのもよく、住んでいるところが遠くて普段は中々会えないときは手紙やメッセージカードを添えるとベストです。
少しの工夫で心の籠った贈り物になりますし、店もこの日にあわせたメッセージ入りのカードなども無料で付けてくれるサービスをしているところもあります。