簡単に完成、敬老の日向けの和菓子

subpage1

敬老の日というと、大勢のお年寄りが心待ちにしている記念日です。

敬老の日がとても人気であることがわかります。

普段は顔を合わせることがないお孫さんと会えたり、住んでいる高齢者施設でイベントを開催する場合もあるでしょう。
それらのイベントは昨今話題になっているフレイルを防ぐ効果もあるわけです。

ご家族と一緒に住んでいる場合は、さらにお祝いムードを満喫できることでしょう。
ここでは、ご家族が簡単に作れる敬老の日の和菓子をご紹介します。
その和菓子とはみたらし団子で、一切包丁を使わずに完成をさせられます。

そのため、幼いお子さんも挑戦することが可能です。

みたらし団子を作るには、白玉粉・醤油・片栗粉・砂糖の材料のみです。



どれもスーパーマーケットで買い揃えることができ、約500円程度の材料費で挑戦できるのが魅力になります。


敬老の日でこの和菓子を作る理由は、長寿を意味するものだからです。

3つの団子は昔から神様にお供えされており、家内安全と長寿を願うことが可能というわけです。

まず最初に100度の熱湯を白玉粉に入れて、良く溶きます。
その後、手のひらで丸めていき、氷水に入れて固めていきます。



約1時間程度は冷蔵庫に入れて冷やした後、醤油と砂糖・片栗粉で作った餡をかけて完成です。
自家製なので大きさは自分で調整をすることができ、お孫さんが作ったものであれば格別の味となるでしょう。
約2時間程度で完成をするので、祝日に早起きをして大好きなおじいちゃん・おばあちゃんに作ることをおすすめします。

敬老の日の意外な真実

subpage2

敬老の日にお菓子を贈る場合でも少し気遣いやマナーを守るだけで、受け取る方の印象や気持ちも違ってきます。同じ贈るなら喜んでもらえる方がいいですし、気遣いをするとさらに嬉しい贈り物になります。...

next

敬老の日入門

subpage3

1947年(昭和22年)当時は、戦後の混乱期に当たるときです。子供たちを戦場に送った親たちの多くは、精神的にも疲労を抱えていた、兵庫県の野間谷村(現在の多可町八千代区)の村長は、このような親たちに報いるべき養老の滝の伝説にちなみ9月15日を年寄りの日にして55歳以上の男女を対象にした敬老会を開催したといいます。...

next

敬老の日のサポート情報

subpage4

年に一度しかない敬老の日には普通のギフトよりも、特別な物を贈ると喜ばれやすいです。気持ちが伝わる手作り品やお手紙を添えるのもよく、子どものころにおじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵、感謝の手紙や肩たたき券などを贈った方も多いかもしれません。...

next

敬老の日のためになる情報

subpage5

敬老の日に喜んでもらえる素敵なギフトは、ネットショップなら豊富な在庫の中から選べますし金額も予算内で選ぶことができるメリットがあります。敬老の日は、9月第3月曜日ですので9月に入った頃に準備をしても十分間に合いますし、ネットからの注文なら24時間365日いつでも気づいた時にできるのもメリットです。...

next